指導能力をで学ぼう

指導能力を学ぼう

指導能力を学ぼう 会社内で地位が上がってくると部下を持つようになりますが、管理職まで上り詰めるとその数は相当数にもなります。
上に立つものに求められる能力として、業務目標をたててそれを達成するためのロードマップを示すことが求められますが、実際に動くのは自分だけではありませんから、部下が成果をあげられるような環境を整えてあげる必要もあります。
ときには数字をあげられない部下に対して厳しく指導する必要もあるかもしれませんから、コミュニケーション能力も重要になります。
管理職になったからといってその能力が突然身につくわけではありませんから、自分を高めるためにワークショップ、体験型講座を受講するのも有効です。
自分がうまくいくと思っていた方法が部下からすればやりにくいこともあります。
業務の進め方、指導の仕方を学ぶことで、これまで以上に自分のチームの結束を高めることができ、業績を上げて、社内でなくてなならないグループに成長していきます。

管理職向けのワークショップに参加するとどんな点で成長できるか

管理職向けのワークショップに参加するとどんな点で成長できるか 多種多様なビジネスセミナーが開催される中、最近では管理職を対象にしたワークショップが人気となっています。
特定のテーマについて講師が一方的に話すスタイルのセミナーとは違い、参加型・体験型の学習のスタイルをとるため、より主体的に参加することが求められます。
特に管理職向けでは、チームに分かれて上司役と部下役となり、双方の立場で考えるゲーム形式のものが行われます。
また、お互いに意見交換をする場が設けられる場合がありますが、会社や業種が異なるため、フランクに意見を出し合える点がメリットです。
では管理職向けのワークショップに参加することで当事者はどんな点での成長が期待できるでしょうか。
まずは、実際に上司役・部下役で他の人の意見を聞くことで、自分の態度などから様々な課題点を見つけることができます。
加えて、他社や他業種の普段接することのない方の意見を聞くことで、考え方に幅が出て、課題の解決方法で多様性が出ることも期待できます。

新着情報

◎2023/11/1

情報を追加しました。


>管理職のワークショップで部下に対するマネジメントを学ぶことができる
>管理職のワークショップで新しいスキルを獲得することができる
>管理職の業務をサポートするワークショップの選び方
>充実したワークショップで管理職のノウハウを手に入れよう
>管理職ワークショップの申し込みはWEB予約が便利

◎2023/1/5

情報を追加しました。


>管理職向けのワークショップには合宿タイプもある
>管理職の立場にある人はワークショップで専門知識を得る努力をした方が良い
>管理職ワークショップのフォローアップについて
>管理職がオンライン上でワークショップに参加する
>海外の管理職のワークショップに参加する方法

◎2022/3/2

情報を更新しました。
>管理職も参加をしやすいオンライン形式のワークショップ
>管理職のためのワークショップでスキルアップ
>部下の信頼を勝ち取るために管理職なら参加したいワークショップ
>管理職になるときはワークショップに参加がおすすめ
>管理職の考え方やマネジメントを学ぶワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップをやるメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

ワークショップでの研修内容
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

指導能力を学ぼう
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

ワークショップでのゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

部課長ゲーム|ゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 指導」
に関連するツイート
Twitter

返信先:マインドセットなのは確かですが、内容が間違っていますね。 ・「お手隙の人は〜」は無視すること ・しなくても良い仕事はしない ・した方が良い仕事も後回し ・生徒指導で面倒なやつは管理職に回す ・仕事の責任は管理職にあり ・仕事より家庭が大事に決まってる ・自分の幸福が一番!

返信先: 無視な企業連経営陣オツム弱い管理職従業員警備員のせいか 接客業とは思えない態度悪い従業員ばかり店舗責任者も最近の小売店は。レジ打ちも簡単になって接客態度も最悪で誰でも採用なの?

全身全霊で指導に当たりましたが、その年は教師人生で初めてうまくいきませんでした。 初めて教師を辞めようかなと思いました。 初めて持ち上がれませんと管理職に伝えました。 すごくすごく悔しい1年でした。 ただその翌年、いろいろな校内事情があり僕はそのクラスを持ち上がりました→

管理職になったら部下の育成・指導・労務管理なんかのやる事が増えて、やっぱり一番やってて楽しい顧客システムに直接触る仕事の機会は減ると思うのよね…あまりにそれが多いようなら自分が現場仕事選んでる意味が無くなって転職理由になり得るし、転職めんどいから可能なら今の方が良いのよ。

返信先:自分も最初は出来なかったりミスもあった筈だと思うけど… そもそもそれを一緒に解決してあげて、指導していくのが無いなら管理職は辞めた方がいい。