指導能力をで学ぼう

指導能力を学ぼう

指導能力を学ぼう 会社内で地位が上がってくると部下を持つようになりますが、管理職まで上り詰めるとその数は相当数にもなります。
上に立つものに求められる能力として、業務目標をたててそれを達成するためのロードマップを示すことが求められますが、実際に動くのは自分だけではありませんから、部下が成果をあげられるような環境を整えてあげる必要もあります。
ときには数字をあげられない部下に対して厳しく指導する必要もあるかもしれませんから、コミュニケーション能力も重要になります。
管理職になったからといってその能力が突然身につくわけではありませんから、自分を高めるためにワークショップ、体験型講座を受講するのも有効です。
自分がうまくいくと思っていた方法が部下からすればやりにくいこともあります。
業務の進め方、指導の仕方を学ぶことで、これまで以上に自分のチームの結束を高めることができ、業績を上げて、社内でなくてなならないグループに成長していきます。

管理職向けのワークショップに参加するとどんな点で成長できるか

管理職向けのワークショップに参加するとどんな点で成長できるか 多種多様なビジネスセミナーが開催される中、最近では管理職を対象にしたワークショップが人気となっています。
特定のテーマについて講師が一方的に話すスタイルのセミナーとは違い、参加型・体験型の学習のスタイルをとるため、より主体的に参加することが求められます。
特に管理職向けでは、チームに分かれて上司役と部下役となり、双方の立場で考えるゲーム形式のものが行われます。
また、お互いに意見交換をする場が設けられる場合がありますが、会社や業種が異なるため、フランクに意見を出し合える点がメリットです。
では管理職向けのワークショップに参加することで当事者はどんな点での成長が期待できるでしょうか。
まずは、実際に上司役・部下役で他の人の意見を聞くことで、自分の態度などから様々な課題点を見つけることができます。
加えて、他社や他業種の普段接することのない方の意見を聞くことで、考え方に幅が出て、課題の解決方法で多様性が出ることも期待できます。

新着情報

◎2023/11/1

情報を追加しました。


>管理職のワークショップで部下に対するマネジメントを学ぶことができる
>管理職のワークショップで新しいスキルを獲得することができる
>管理職の業務をサポートするワークショップの選び方
>充実したワークショップで管理職のノウハウを手に入れよう
>管理職ワークショップの申し込みはWEB予約が便利

◎2023/1/5

情報を追加しました。


>管理職向けのワークショップには合宿タイプもある
>管理職の立場にある人はワークショップで専門知識を得る努力をした方が良い
>管理職ワークショップのフォローアップについて
>管理職がオンライン上でワークショップに参加する
>海外の管理職のワークショップに参加する方法

◎2022/3/2

情報を更新しました。
>管理職も参加をしやすいオンライン形式のワークショップ
>管理職のためのワークショップでスキルアップ
>部下の信頼を勝ち取るために管理職なら参加したいワークショップ
>管理職になるときはワークショップに参加がおすすめ
>管理職の考え方やマネジメントを学ぶワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップをやるメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

ワークショップでの研修内容
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

指導能力を学ぼう
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

ワークショップでのゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

部課長ゲーム|ゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 指導」
に関連するツイート
Twitter

昔、民間校長というブームが起きた。 私の学校にも、某有名企業で管理職だった人が校長として着任した。 研究会では授業のやり方を細かく指導し、 担任にはとにかく数値で結果を出せと煽る。 あなたは授業をしたことあるの? 担任をしたことあるの? 結局うまくはいかず、2年で異動していった。

返信先:

むかし、前職で女性管理職がクレーム客の自宅を訪問するからと 同行するように頼まれて一緒に行ったけど 高齢男性の言い分は、オタクのなっていない従業員の指導をしてやるから手当を払えという主張だった 思惑がわかれば、丁寧に毅然と断って終わりです

返信先: いじめを指導して無くしたいのは管理職も一緒。教育委員会も同じ。 イジメの指導がうまくいかないのは ・加害者側の保護者の問題 ・被害者側が指導に納得しない この二つです。

人を管理するって難しいよね。機械と違い、人によって性格が違うから、全員に同じアプローチはできない。しかし、全て別々に指導すると不公平が生まれ、不平不満がでてくる。たくさん働きたい人、早く帰りたい社員など、これをコントロールするには管理職の腕が試される。