ワークショップをやるメリット

ワークショップをやるメリット

ワークショップをやるメリット 働き方改革の導入やパワハラのない新人教育方法など、管理職に求められる役割は以前に増して増えてます。
管理職のワークショップを行う目的は、求められている視点や役割を認識する事と、部下や新人の育成の課題について認識する事と、部下のエンゲージメントを高め方を学ぶ事にあります。
管理職のワークショップで、例えば次のような事行われてます。
部下の考えている事をしっかりつかんで、管理監督者の面談能力の向上研修では、模擬的に面談を繰り返して、どうすれば部下の気持ちを引き出せるかを具体的に考える研修が行われてます。
考えて自分の抱えている課題や問題点を認識出来たら、人の心を動かす面談のテクニックを講習で学びます。
テクニックのレクチャーを受けたら、実際にそのテクニックを使って実際に部下と面談を行って実践で定着させます。
この研修をマスターする事で、新規のプロジェクトの成功や働き方改革の実現を管理職としの役割を果たせて実現できるようになります。

理想の管理職になる準備としてのワークショップ

理想の管理職になる準備としてのワークショップ テレワークなどで人に直接会わないようなビジネススタイルが普通になってきました。
今までは間近にいる先輩などの行動から、学ぶことができましたが、これからはそれも難しくなってきます。
だからこそ管理職になるためには準備をしなければならないと言えます。
チームの上に立ち人を管理すると言うことがどのようなものなのか、それを客観的な面から教えてもらえることで、安心して対応することができます。

管理職の責任とは、書面上で覚えるものではなく、肌で感じて理解しなければいけません。
テキストや書籍に知識ではなくワークショップによるロールプレイで体験することが重要です。
想定される事態にどのような対応ができるのか、その上でさらに良い結果に導くためには何をどのように修正すれば良いのか、それがわかるのがワークショップのメリットと言えます。
先人の背中が見られない時代だからこそ、擬似的に体験できることが大きな経験に値することになります。

新着情報

◎2023/11/1

情報を追加しました。


>管理職のワークショップで部下に対するマネジメントを学ぶことができる
>管理職のワークショップで新しいスキルを獲得することができる
>管理職の業務をサポートするワークショップの選び方
>充実したワークショップで管理職のノウハウを手に入れよう
>管理職ワークショップの申し込みはWEB予約が便利

◎2023/1/5

情報を追加しました。


>管理職向けのワークショップには合宿タイプもある
>管理職の立場にある人はワークショップで専門知識を得る努力をした方が良い
>管理職ワークショップのフォローアップについて
>管理職がオンライン上でワークショップに参加する
>海外の管理職のワークショップに参加する方法

◎2022/3/2

情報を更新しました。
>管理職も参加をしやすいオンライン形式のワークショップ
>管理職のためのワークショップでスキルアップ
>部下の信頼を勝ち取るために管理職なら参加したいワークショップ
>管理職になるときはワークショップに参加がおすすめ
>管理職の考え方やマネジメントを学ぶワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップをやるメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

ワークショップでの研修内容
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

指導能力を学ぼう
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

ワークショップでのゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

部課長ゲーム|ゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 理想」
に関連するツイート
Twitter

“優秀な人も引く手数多ですが、優秀な人を育てられる人ももちろん引く手数多です。” 管理職の無理ゲー化。マネジメントの理想を捨てろ|あどり

相手の理想と会社の理想をできるだけ近づける この考え方、すごく大切だと思います。 変に忠誠心を求めるより互いにwinwinになれる状況であること 管理職の無理ゲー化。マネジメントの理想を捨てろ|あどり

管理職の無理ゲー化。マネジメントの理想を捨てろ|あどり

明日からのマネジメント。悩みの種の一つですね。でもこれからもっとやばいことになっていきますよ。今はまだ序章にすぎません。さてあなたはどうしますか? 管理職の無理ゲー化。マネジメントの理想を捨てろ|あどり

理想の上司の役割は「管理職」ではなく「支援職」 部下のやる気を高めるマネジメントの極意 より