ワークショップについての情報が満載です!

ベストチーム|管理職ワークショップでのゲーム例

ベストチーム|管理職ワークショップでのゲーム例 職場の部署やチームの意識を変えて効率よく仕事を進めたいと考えている管理職の方は多いと思います。
人間関係を改善したりチームの一員として一人一人のモチベーションを上げることができれば良いのですが、なかなかうまくいきません。
それをうまくまとめてベストチームを作り上げるのが管理職の腕の見せどころで、そのメソッドを共有するためにはワークショップを行うのも効果的です。
どのようなことが従業員一人一人の意識の改善につながり、果ては仕事の効率化を実現できるか、どんな小さなことでもいいので付箋などを書き出し紙に貼り付けていくと、何をすべきかが目に見えるので分かりやすいです。
たとえば仕事には直接関係のないことでも、休憩室やロッカーなどを居心地のいい場所にすることで従業員のモチベーションにつながるかもしれません。
「こんな些細なこと」と思わずに思いついたことをどんどん貼り出していけば、ベストチームにつながることでしょう。

管理職のワークショップでわかる心理の大切さ

管理職のワークショップでわかる心理の大切さ 管理職のワークショップに行くといろいろなプログラムが用意されています。
日頃の業務とは異なる課題をみんなで乗り越えることで成功の実績を得ることができます。
このような体験が、その後の業務に生かされるようになれば、期待通りと言えます。
このようなプロフラムの中で使われるのが心理です。
管理職は、部下に対して厳しく接することや上長にしっかりと報告することが求められます。
部下にも上司にもいろいろな価値観の人がいます。
同じ接し方では絶対にうまく行かない人が出てきます。
趣味であれば合わないならば一緒に行動しなければ良いだけですが、仕事となるとそうはいきません。
そりの合わない相手に対して、うまく説得するために多少の心理学を知っておく必要があります。
特に価値観については、知っておかなければいけません。
人によって話しやすい状況と言うのは異なります。
ひととなりを知ることで、どのようにすれば良いかを分類することが可能です。

新着情報

◎2023/11/1

情報を追加しました。


>管理職のワークショップで部下に対するマネジメントを学ぶことができる
>管理職のワークショップで新しいスキルを獲得することができる
>管理職の業務をサポートするワークショップの選び方
>充実したワークショップで管理職のノウハウを手に入れよう
>管理職ワークショップの申し込みはWEB予約が便利

◎2023/1/5

情報を追加しました。


>管理職向けのワークショップには合宿タイプもある
>管理職の立場にある人はワークショップで専門知識を得る努力をした方が良い
>管理職ワークショップのフォローアップについて
>管理職がオンライン上でワークショップに参加する
>海外の管理職のワークショップに参加する方法

◎2022/3/2

情報を更新しました。
>管理職も参加をしやすいオンライン形式のワークショップ
>管理職のためのワークショップでスキルアップ
>部下の信頼を勝ち取るために管理職なら参加したいワークショップ
>管理職になるときはワークショップに参加がおすすめ
>管理職の考え方やマネジメントを学ぶワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップをやるメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

ワークショップでの研修内容
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

指導能力を学ぼう
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

ワークショップでのゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

部課長ゲーム|ゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 心理」
に関連するツイート
Twitter

心理カウンセラーとかメンタルケアとかの勉強始めようと思う。管理職としてこれ以上昇進したいわけじゃないけど、色んな人が無理なく働き続けるサポートはしていきたいから

いや~でも、全然全くこれっぽっちも心理が理解できん。当然だけど、朝礼で話題になった時に、管理職と言い合いになったらしくて(そりゃそうだ)、出社したらコンプライアンスの用紙を渡されて「何かあったら本社に連絡を・・・」って、これが原因だよねww。

返信先:放送大学の場合、6年前くらい。心理と教育の試験に来る方は、民間の管理職、教員、看護師、保育士、自衛官などの職業の方が、多かったですね。 これからは、できたら➀を目指す人が増えるでしょうが。公認心理師を目指して、大学院に進学するわけではないから、、でしょうね。

返信先:自分にはできないと思い込んで求めることをやめる、この連続で子供は大人になってくわけでさ 結局心理学部生が中間管理職に採用されやすかったのも、社会が新社会人のそういった問題について上司がケアしなければならないと気づいていたならではないのんと思うなどする そしてそれは普通難しいのであろ

返信先:私は学生時代のあらゆる幹事はほぼやりましたし前職まで数百人をまとめる管理職でした 過信はしないように謙虚さも持ちつつ集団心理もちゃんと勉強し実践と共に働いて経験しました 結果、今のチームは表ではだきないリーダーに合わせたふりをしつつ裏では皆さん私についてきています笑