ワークショップについての情報が満載です!

財務の虎|管理職ワークショップでのゲーム例

財務の虎|管理職ワークショップでのゲーム例 管理職として求められる知識・スキルの中に、財務会計やファイナンスに関する知識も挙げられます。
ただ、財務会計の研修はその内容から敬遠されることも多くなっていますし、座学だけではなかなか理解度が深まらないということも見受けられます。
そこで財務会計やファイナンスに興味をもってもらうきっかけとして、またよりしっかりと知識の定着を図るため、ゲーム形式のワークショップを用いることがあります。
このワークショップは財務の虎というボードゲームで、ゲームを通じて管理職に必要な財務会計やファイナンスに関する知識学ぶことが可能になっています。
さらにゲームを通して、学ぶことにより楽しみながら知識を学ぶことができるように工夫されています。
このゲームはキットや運営用のスライドも用意されているため、毎回社外講師を招聘することなく、社内で講師を経てて研修を行うことも可能になっているため、どの会社でも導入しやすいというメリットもあります。

管理職にとってファイナンスのワークショップは必修です

管理職にとってファイナンスのワークショップは必修です 団塊の世代が引退した影響で、終身雇用が崩壊。
企業側も経年で賃金が決定する職能給制ではなく、仕事によって賃金が決定するジョブ式の導入に待ったなしの状態です。
これまでは優良企業に入社すれば1生安泰だったのですが、企業の寿命が規模にかかわらず20年と短命になりました。
それだけ世の中のスピードが速くなっていると言えます。
管理職研修ではこれまでファイナンスの知識は必要としていませんでした。
単純に言えば、売上さえ上げていれば部門利益は同時に得られていたのです。
しかし製品でもサービスでも売れ筋が頻繁に変わるので、管理職にとってもファイナンスの知識と研修での仮想訓練やワークショップによる訓練が必要になりました。
具体的には、部門に与えられた予算を使って、何に投資をして利益を上げるかを理解して責任を持って実行することが重要になったのです。
自部門の会社業績に対する利益貢献がきちんと理解できて、マネジメントコントロールすることにより、適正かつ持続的な企業存続が大事になるのです。

新着情報

◎2023/11/1

情報を追加しました。


>管理職のワークショップで部下に対するマネジメントを学ぶことができる
>管理職のワークショップで新しいスキルを獲得することができる
>管理職の業務をサポートするワークショップの選び方
>充実したワークショップで管理職のノウハウを手に入れよう
>管理職ワークショップの申し込みはWEB予約が便利

◎2023/1/5

情報を追加しました。


>管理職向けのワークショップには合宿タイプもある
>管理職の立場にある人はワークショップで専門知識を得る努力をした方が良い
>管理職ワークショップのフォローアップについて
>管理職がオンライン上でワークショップに参加する
>海外の管理職のワークショップに参加する方法

◎2022/3/2

情報を更新しました。
>管理職も参加をしやすいオンライン形式のワークショップ
>管理職のためのワークショップでスキルアップ
>部下の信頼を勝ち取るために管理職なら参加したいワークショップ
>管理職になるときはワークショップに参加がおすすめ
>管理職の考え方やマネジメントを学ぶワークショップ

◎2020/11/27

ワークショップをやるメリット
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

ワークショップでの研修内容
の情報を更新しました。

◎2020/8/18

指導能力を学ぼう
の情報を更新しました。

◎2020/4/24

ワークショップでのゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/3/3

部課長ゲーム|ゲーム例
の情報を更新しました。

◎2020/02/14

サイト公開しました

「管理職 知識」
に関連するツイート
Twitter

自分ともう一人が楽をするために当然のようにやっていたことが、中小企業の管理職としては割と異常な行動だったんだなと最近になって分かったわ。仕事の細かい内容も全部把握しているから、それを知識として還元するために色々作っていたのはすごく役立つ割に評価されていなかったなぁ。

強度不足の直接的な要因が製造工程にあったとしても、根本的な原因は、それを許した見逃した、設計含めた業務の進め方や会社の風土にあったんだと思う 企業口コミサイトを覗いてみたら… 「無理、無茶な納期の仕事を振られる」「中間管理職に専門知識がない」「卒業が多い」って大丈夫?将来が心配😩

さらにその面接官は、その程度の知識なら給料半分くらいになってもおかしくない。と言い始めた。管理職でもないのに。イヤ、給料半分なってまで行きたくないですよ。パワハラ気質丸出しで面接官としてどうかな?と思った。同席している彼の上司からもなんのフォローもなかった。

研究とか知識は豊富で凄い人なのかもしれないけど管理職として適確な人材かは別なんだよね。病院ていう独特の組織にしかいないから残念だけど社会人としての経験が不足してる。ソーシャルアドミニストレーションとか言うけど、残念だけど企業のがシステムしっかりしてる。

時代が大きく「速く」動いているので、今までの知識や経験は通じなくなっている。 それなのに、俺たちの頃はああだっただのこうだっただの言って、新しい考え方や時代の潮流を学ばないマネジメントは早晩「残念な管理職」として名を刻んでしまう。…